iPhone水没したんですが・・・ | iPhone修理・バッテリー交換 リペア本舗横浜店【総務省登録修理業者】

リペア本舗横浜店

横浜でのiPhone(アイフォン)修理ならガラス交換等が可能なリペア本舗

iPhone修理 リペア本舗TOP > iPhone水没したんですが・・・

横浜でのiPhone(アイフォン)修理なら
ガラス交換等が可能なリペア本舗

iPhone・iPad・Android修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分
総務省登録修理業者

iPhone修理コラム

iPhone水没したんですが・・・

 

iPhoneは防水と言われていても、絶対に水没しない訳ではないです。
ご相談の内容としては、お風呂で使っている時に
湯船に落としてしまうパターンが多いように思います。

 

防水って聞いてたのに・・・

 

基本的に、防水テストは水に沈めた状態で行うので
お湯や水流を当てるといった状況は想定されていません。

なので長時間湯船につけたり、シャワーで洗ったりする状況では水没してしまう可能性があります。

 

直せば大丈夫でしょ?

一度水没してしまうと、起動しても長く使える保証はありません。
水没修理後は、早急にバックアップを取るようにしてください。

防水ってどれくらいなの?

国際電気標準会議(IEC)により
防塵・防水の規格が決められています。
防水の説明事項で【 IP68 】などに表記を見たこともあるのではないでしょうか。

IP68ってどういう意味?どうやって見るの?

左の数字が「防塵性能」右が「防水性能」
を示しています。
防塵は0~6の7段階
防水は0~8の9段階
数字が大きければ性能が高いことを示しています。

ちなみに、分けて記載する場合は
IP6X(防塵の場合)
IPX8(防水の場合)

という感じで、数字を省略する箇所にXが記載されています。

数字と防水性能の関係は?

IPX7 等級 (水深 1 m まで、最長 30 分間)
IPX8 等級 (水深 2 m まで、最長 30 分間)

自分のiPhoneの防水性能を知りたい!

機種ごとのiPhoneの性能はこちらから確認できます。

https://support.apple.com/ja-jp/HT207043

もし水没したら、どうするの?

それでも水没したら、水を切るために振ったりしてはいけません。

①電源を切る
②SIMトレーを抜く
③陰干しする

ジップロックに乾燥剤と一緒に2~3日放置して起動したケースもあります。



科目別修理メニュー

機種別修理メニュー