iPhoneの充電が切れたとき、モバイルスイカはどうなるのか | iPhone修理・バッテリー交換 リペア本舗横浜店【総務省登録修理業者】

リペア本舗横浜店

横浜でのiPhone(アイフォン)修理ならガラス交換等が可能なリペア本舗

iPhone修理 リペア本舗TOP > iPhoneの充電が切れたとき、モバイルスイカはどうなるのか

横浜でのiPhone(アイフォン)修理ならガラス交換等が可能なリペア本舗

iPhone・iPad修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分
総務省登録修理業者

iPhone修理コラム

iPhoneの充電が切れたとき、モバイルスイカはどうなるのか

iPhone7以降の機種に搭載されたApplePay。

suica、PASMO、iD、QUICPayとたくさんの電子マネーサービスを使用することができる。

 

駅の改札を通る時にわざわざsuicawを出す必要もないし、レジでの会計のときに財布を出す必要もない。

出かけるときにスマホ一台もって出れば事足りる場面も多々発生するでしょう?

 

充電が切れてしまった時のことを考えたことはありますか?

しかし、一つ心配な点がある。

iPhoneにはバッテリーがあり、充電することで機能を使うことができる。

その充電が切れてしまったら、、、

 

果たしてどうなってしまうのか。

 

ApplePayが使えなくなってしまうのか?

改札内に入ることができても、電車に乗っているうちに充電が切れて改札から出れなくなってしまったら、、、?

 

想像するだけでゾッとすることでしょう。

 

充電が切れてしまっても一定時間は大丈夫なんです!

 

先の不安を拭ってくれる情報があります。

iPhoneには予備電源があり、その電源が使える間は、ApplePayを使うことができます。

不思議に思ったことはありませんか?

 

「どうしてiPhoneの充電がなくなったのに充電してくださいと表示されるのか」

 

実はこの表示は予備電源が残っているために表示することができるのです。

ということは、この表示が出ている間はApplePayを使うことができるということ。

 

予備電源があるうちなら改札の中に閉じ込められることなく、モバイルバッテリーを購入するか、充電をすることができるスポットへ行って充電をすることができます。

 

予備電源の持ち時間は機種によって変わる

 

当然のことですが、機種によって予備電源の持ち時間が違うのでそのあたりはご注意ください。

正式に何時間とは発表されていませんが、新しい機種の方が予備電源の持ち時間は長いようです。

肺の劣化状況などにもよってくるので、予備電源に頼り切らずに充電残量の管理をしっかりとし、安全・便利に使えるよう心がけましょう!



科目別修理メニュー

機種別修理メニュー