iOS14.2ではバグが修正!バッテリー持続時間が長くなる!? | iPhone修理・バッテリー交換 リペア本舗横浜店【総務省登録修理業者】

リペア本舗横浜店

横浜でのiPhone(アイフォン)修理ならガラス交換等が可能なリペア本舗

iPhone修理 リペア本舗TOP > iOS14.2ではバグが修正!バッテリー持続時間が長くなる!?

横浜でのiPhone(アイフォン)修理ならガラス交換等が可能なリペア本舗

iPhone・iPad修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分
総務省登録修理業者

iPhone修理コラム

iOS14.2ではバグが修正!バッテリー持続時間が長くなる!?

 

iOS14.2のRelease Candidate(RC)版をインストールしたiPhoneで、
バッテリー持続時間を計測したテスト動画が公開されました。
最近配信されたiOSの正式版であるiOS14.1よりもバッテリー持続時間が改善することがわかりました!

 

 

iOS14.2RCをインストールした7機種でテストを実施。

 

開発者と登録ユーザー向けにリリースされたiOS14.2のRC版で、iOS14.2RCの動作速度テストに続き、バッテリーの持続時間をテストした動画を、YouTubeチャンネルiAppleBytesが公開しました。

 

テストは、iOS14.2のRCをインストールしてから内部データの最適化が落ち着いたと考えられる4日後に、ディスプレイの明るさを25%に統一したiPhoneで実施しています。

 

ベンチマークテストアプリ「Geekbench 4」を使って、フル充電からバッテリー残量が0になるまで負荷をかけてバッテリー消費を測定を実施。

iPhone各モデルのバッテリーの最大容量は、iPhone SE(第1世代)が98%、iPhone XRが97%である以外、各モデルとも100%です。

 

 

ほとんどの機種でiOS14.1に比べるとバッテリーの持続時間が延びることが判明!

 

バッテリー残量が0になるまでにかかる時間は以下の通りです。

iOS14.1と比較したカッコ内の数字で表示されています。
iPhone11以外の全モデルで持続時間が伸びています。

 

iPhone SE:2時間56分(プラス4分)
iPhone6s:3時間03分(プラス8分)
iPhone7:3時間39分(プラス12分)
iPhone8:3時間23分(変化なし)
iPhone XR:5時間37分(プラス8分)
iPhone11:5時間16分(マイナス2分)
iPhone SE2:3時間43分(プラス6分)

 

 

今回の実験結果から得られるもの

 

今回の実験結果を見る限り、ほとんどの機種でバッテリー持続時間は伸びており、
iOS14.1へアップデートした方はアップデートすることをお勧めします。

 

また、iOS14.1で発生していた様々なバグも修正されているため、
バグの修正のためにもアップデートした方がいいでしょう。

 

機能面についてもライトモード・ダークモード両方に対応した壁紙の配布や
ヘッドホンの音量が聴力に影響を与える場合の警告など
10の新機能が機能向上・されているため、そちらを楽しみたい方も
アップデートしてみるといいかもしれません。

 

 

アップデートをしない方がいい方も

 

アップデートをしない方がいい方も中にはいらっしゃいます。
iOS14.1に上げてしまった方はもちろんアップデートした方がいいのですが、
それ以前のiOSを使っている方で、「iPhoneX以前の方」
はアップデートしない方がいいでしょう。

 

理由としては、アップデートにより処理するものが多くなり、
処理速度の低下やバッテリーの持ちが悪くなる
などの弊害が出てきます。

 

自分の使いたい機能があるのであればいいのですが、
特に理由がない場合のアップデートは控えた方がいいでしょう。



科目別修理メニュー

機種別修理メニュー