元Apple社員がリーク。iPhone13に搭載される生体認証機能とは・・・ | iPhone修理・バッテリー交換 リペア本舗横浜店【総務省登録修理業者】

リペア本舗横浜店

横浜でのiPhone(アイフォン)修理ならガラス交換等が可能なリペア本舗

iPhone修理 リペア本舗TOP > 元Apple社員がリーク。iPhone13に搭載される生体認証機能とは・・・

横浜でのiPhone(アイフォン)修理ならガラス交換等が可能なリペア本舗

iPhone・iPad修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分
総務省登録修理業者

iPhone修理コラム

元Apple社員がリーク。iPhone13に搭載される生体認証機能とは・・・

iPhone5s導入の指紋認証TouchID。

そしてiPhoneXシリーズから導入された顔認証のFaceID。

 

iPhoneが進化するたびに追加されてきた生体認証。

しかし、コロナの影響でマスクがほぼ義務化されてしまったため、FaceIDの使用に不便さが出てきてしまいました。

 

在宅ワークなどでマスクを付けなくてもよい一定層に対してはFaceIDは便利に働きますが、大多数のユーザーはどちらかといえばTouchIDの方が使いやすい環境下にあることでしょう。

 

TouchID、FaceIDの両取りが実現!?

 

そんな現環境に対応すべく、Appleが現在検討しているのが、TouchIDとFaceIDの両取りです。

TouchIDを画面に内蔵させることによって、現在のiPhoneのフォルムを維持したままTouchIDとFaceIDを搭載することができるようになるそうです。

 

マスクを手放せない層にはTouchIDを。

マスクをする必要がない層にはFaceIDを。

 

全てのユーザーに対して便利を供給するAppleの気遣いの現れです。

 

発売は2021年。つまり今年!?

 

Appleは毎年新しいモデルのiPhoneを発表しています。

つまり、例年通りのサイクルでいけば、次に最新機種が発表されるのは今年ということになります。

 

しかし、ここで一つの懸念点があります。

iPhone12が発売された時のお話は記憶に新しいかと思いますが、発売がかなり遅れています。

 

このことで今までのサイクルにズレが生じてしまい

 

「まさか年をまたぐのでは・・・?」

 

と勝手に心配しております。

 

なんにせよ、最新機種は夢いっぱい!

 

今回の新型iPhoneでは、公式発表ではないとはいえ、画面内蔵のTouchIDという新しいテクノロジーが使われています。

Appleは今までにも革命的な開発を続けてきました。

 

それはユーザーのことを考え、より使いやすく、より便利にしていこうとした結果です。

 

私は、これからもAppleが起こすイノベーションに期待しています。



科目別修理メニュー

機種別修理メニュー