リペア本舗店舗を探す

リペア本舗 | ガラス割れ・バッテリー交換・水没修理、iPhone全機種修理

iPhone修理専門店リペア本舗

Phone修理専門店リペア本舗 iPhone全機種を、最短10分〜即日スピード修理致します

iPhine修理コラム

2017年8月12日
iPhone8の埋め込み型ホームボタンはどうなるの?

 

・使用状況によっては非表示にもなります

 

2017年はiphone誕生から10周年。それを記念したプレミアムなモデル、iphone8(仮)が発売されると言われています。

そのホームボタンは、画面に埋め込まれると言われてきましたが、本物のボタンの部品が埋め込まれている訳ではなく、画面のタッチによってホームボタンの機能を持たせる、仮想ホームボタンのようなものです。

現在もある丸い玉、Assistive Touchのようなイメージでしょうか。

 

ただ、丸い玉は便利なのですが、どんな時でも表示されているのが欠点の一つです。ゲーム等をプレイ中に、うっかり玉に触れてホーム画面に戻っちゃった・・・などの事故も起こります。

 

新型のアイフォン8では、その心配は無さそう?です。

 

画面の下の部分、これまでのアイフォンでもお馴染みの位置に、仮想ホームボタンが表示されます。アプリ等の使用状況によって、大きさが変化したり、非表示になったり変化してくれるようです。

画面一杯の動画を楽しみながらも、残っている丸い玉・・・のような状況は避けられそうです。

 

今のiosでも、safariの画面でスクロールするときは、下部のタブボタンなどが一時的に非表示なります。そのイメージと近いようです。

スワイプなどの何らかのアクションを起こすと、仮想ホームボタンが出てくるのでしょう。となると、ゲームアプリなどでうっかりホームボタンが出現してしまう事故は、今後も起こるのかもしれません・・・。

 

実際の仕様はどうなるのでしょうか。

例年ならば、あと1ヵ月ほどで開催される発表会で明らかになるでしょう。

修理コラム一覧へ戻る