iPhone5s なんと iOS12 対応これで iOS13 になるまで現役宣言!! | 横浜でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iphone修理 リペア本舗TOP > iPhone5s なんと iOS12 対応これで iOS13 になるまで現役宣言!!

iPhone・iPad修理 即日返却 / 横浜駅西口徒歩5分

iPhone修理コラム

iPhone5s なんと iOS12 対応これで iOS13 になるまで現役宣言!!

2018年秋頃?に配信予定の iOS12 なのですが、対応機種リストにアイフォン5sが入っていました!!

iOS 対応機種から外されてしまった歴史を少し見てみましょう
2016年 iOS10 リリース → アイフォン4s 外れました
2017年 iOS11 リリース → アイフォン5 アイフォン5c 外れました
2018年 iOS12 リリース予定 → 変更なしです。
私自身アイフォン5s外れると思っていました><

IPHONE5s は2013年に発売されたため
iOS13(2019年?対応するかは不明)になるまではしっかりとサービス対応してくれます!!

考えられる理由をいくつか挙げてみます。
・故スティーブジョブスが最後に、設計に関わったiPhoneモデルだから?
・アイフォン6以降IPHONE自体大きくなりました。しかし、コンパクトなサイズ感のiPhone5sは未だに人気のモデルです。
アイフォン5、5cが既に外れてしまっているため、残っているコンパクトモデルがアイフォン5s、SEの2種類です。
これを1種類にしたくないから?
・iPhone6以降のモデルと比較すると、より低価格でiPhone5s,SEを入手できます。なのでスマートフォンがまだ普及していない
地域に対して売り込んでいきたいから?
・今後発売されるIPHONEでこのコンパクトサイズのiphoneを販売した時、現行のiphone5s,seユーザーの端末更新を狙う?

などなど様々な理由が考えられます。
そうしますと今回のiPhone5sは最長で6年間使用することが出来ます
小学校生活1回分です!!
長いです笑

ここでバッテリーについて見てみましょう。
およそ500回分完全充電を行うと、バッテリーパフォーマンスが80%になるように設計されています。
そしてアップルが示す交換目安も同じく80%以下になったときです。
大体2年間ほどです。
2018/12/31までアップルは
バッテリー交換を3200円(SEを含むiPhone6以降のモデル)
それ以外のモデルは8800円(iPhone5s以前のモデル)で行っています!!

修理サービスを受ける際に気を付けていただきたいのが、
3200円で交換できるバッテリー交換サービスはiPhone1台につき1回限定です。
2回目以降は8800円必要ですので、注意してください!!

もちろん当店でもバッテリー交換を行うことが出来ます^^

ですので、
iPhone5sを発売当初から使用している方は2回前後バッテリー交換している、する方がいると思います。

いずれにせよiOS対応端末として最長老になったiPhone5sがどこまでこの記録?を延ばすのか
見ていきたいと思います!!

店舗ブログ、最新修理実績、修理案内など リペア本舗長野店HP
24時間受付中 オンライン予約



修理メニュー