iPhoneのディスプレイがタッチしても反応しない? どうして? | 横浜でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iPhone修理 リペア本舗TOP > iPhoneのディスプレイがタッチしても反応しない? どうして?

iPhone・iPad修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分

iPhone修理コラム

iPhoneのディスプレイがタッチしても反応しない? どうして?

IPHONE のディスプレイがタッチしても反応しない? どうして?

アイフォンのタッチパネルは、静電容量方式が使われています。

そもそも静電容量方式とはなに?

静電容量方式とは、静電気で覆われているIPHONEの画面を指でタッチし、センサーで指の位置を読み取る

方式です。

そこで、本日はiPhoneのスクリーンをタッチしても反応しない理由、及び対策を下記に説明致します。

考えられる理由

1.指の乾燥

特に冬などは乾燥の時期です。とすると指先も乾き、IPHONEのスクリーン上の静電気に反応しにくくなる

時があります。

対策:違う指を使ったり、指に息を吐きかけて再度試してみると正常になるかもしれません。

2.IPHONEの液晶画面が汚すぎ

なんらかの理由で、アイフォンのスクリーンが汚すぎると、IPHONEのスクリーンセンサーが静電気に反応

が鈍くなる可能性があります。

対策:スマートフォン用のクリーナやハンカチで画面を拭いてみる。

3.保護シート

保護シートが古くなり剥がれ、汚れがスクリーンと保護シートの間に入り静電気センサーが鈍くなってい

る。

対策:保護シートを外し、貼り直し。

4.アプリの立ち上げすぎ

アイフォンのアプリを立ち上げすぎると、IPHONE本体に負担がかかりIPHONEのスクリーンタッチ反応がし

ないというより、単に遅いことが考えられます。

対策:使わない、もしくはたまにしか使わないAPPを出来る限り消す。IPHONEが画面タッチが出来ない時は

、強制再起動を試してみる。

5.IPHONEをカバン、ポケットから落としてしまった

IPHONEを床もしくは地面に落とした場合、液晶内部の部品が破損したり、液晶自体に障害が発生しスマー

トフォーンのスクリーンになにも表示できなくなる可能性があります。

対策:IPHONEのスクリーンや部品に障害が発生した場合、iPhone修理店へ修理依頼を行い、部品もしくは

液晶スクリーンを交換するしかありません。

IPHONE 液晶修理の御予約は→リペア本舗横浜店オンライン予約



修理メニュー

google口コミ高評価