iPhoneの近接センサー、iOS14で弱くなった?【横浜店】 | iPhone修理・バッテリー交換 リペア本舗横浜店【総務省登録修理業者】

リペア本舗横浜店

横浜でのiPhone(アイフォン)修理ならガラス交換等が可能なリペア本舗

iPhone修理 リペア本舗TOP > iPhoneの近接センサー、iOS14で弱くなった?【横浜店】

横浜でのiPhone(アイフォン)修理ならガラス交換等が可能なリペア本舗

iPhone・iPad修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分
総務省登録修理業者

iPhone修理コラム

iPhoneの近接センサー、iOS14で弱くなった?【横浜店】

スマートフォンには、近接センサーという機能があります。あまり知られていない機能ですが、どうもiOS14になったiPhoneの場合、その機能が弱まったように感じます。

 

そもそも、近接センサーとはどんな機能なのか?

通話中にも、スマホの画面にはいろいろなボタンが表示されています。キーパッドを出す、テレビ電話にする、連絡先を確認する、などなど。

普通の通話中に、頬っぺたでボタンに触れてしまって、急にテレビ電話になってしまったら、まいっちんぐですね。

そうならないように、イヤスピーカー付近に耳を近づけると、画面を真っ暗にして誤タッチしないようにする、その接近を感知するのが近接センサーです。

 

ほぼ通話中にしか関係しない機能ですので、皆さんあまりご存じではないですね。などと偉そうに語っているスタッフも、この仕事をするようになってから知りました!

 

当店にて修理受付の際には、修理前の機能チェックをさせていただいております。その中で、電話できる機種であれば、近接センサーチェックもしているのですが・・・どうも近接センサーが弱いな、と感じる場合が増えてきています。

 

そして、気づいたこと。iOS14になっていると、近接センサーの反応が弱くなっている!

 

なぜでしょう?アップルさんに「近接センサーをもっと弱くしてくれないと困るYO!」というクレームでも入ったのでしょうか?なぞですね。

 

とはいえ、修理店という立場上、弱くなったと感じるだけで、お使いの皆さまの使い勝手としては、特に変化は無いと思います。

 

iPhone、iPad、Xperia、Galaxy、Nexusの故障、不調でお困りの時は、お気軽にご相談ください。

WEBなら24時間予約受付中です→リペア本舗横浜店オンライン予約

 



科目別修理メニュー

機種別修理メニュー