リペア本舗店舗を探す

iPhoneの不調とiOSのバージョンとバッテリーの劣化と。 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

iPhone修理専門店リペア本舗

iPhoneの不調とiOSのバージョンとバッテリーの劣化と。 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

千葉U-DIOラパーク千城台店 iPhone修理コラム

2018年2月11日
iPhoneの不調とiOSのバージョンとバッテリーの劣化と。

先日Appleは、旧型のiPhoneで新しいiOSを使用している際に、劣化したリチウム電池への負担を和らげるため、パフォーマンスを意図的に落としていたということを公に認めました。
そう、最近話題の訴訟騒ぎにもなっている話ですね。
いわゆる『最近、動きがモッタリするなぁ。。あ、そういえばiOSのバージョンをあげたっけ。。』の件です。
詳しい内容はギズモードとかの情報サイトを見ていただくとして(笑)

要は前出の通り、iPhoneの不調の原因が劣化したバッテリーと特定のiOSバージョンのせいの可能性が高いということらしいのです。

ちなみに、iPhoneの電池は最低でも500回の充放電サイクルに耐えるそうです。
ということは1日1回充電で約1年半程度でしょうか?

–iOSのバージョンをチェックしてみましょう。–
仮にiPhone 6、6S、SEではバッテリーの劣化に対してパフォーマンス落とすといったプログラム(電力マネジメント)はiOS 10.2.1から導入されたそうです。
iPhone 7はiOS 11.2から。
あなたのiPhoneがこれらのモデルで、iOSのバージョンも該当していて、約1年半使用していたとしたら、性能が低下している可能性があるということになってきます。汗

ちなみに私のiPhoneは6plusで、バージョンは10.3.2。
そして以前入っていた保険を使って交換されてからそろそろ1年半になります。
ばっちり対象です。。笑

さぁ、どうしましょう?

ネットで調べたところ、やはり劣化した電池を元に戻すのは困難なようです。
だとして、、現実的な修理方法は、電池の交換となってきます。

電池を交換するには3つの選択肢があります。
1)高いお金を払ってAppleのサポートに頼む
2)当店のようなリペアショップに頼む
3)自分で交換する
です。

保証期間内であろうがAppleCare+に入っていようが、欠陥が原因と判断されなければAppleは無料で交換しません。
電池が劣化するほど長い期間使用していた場合、欠陥とみなされるのは難しいでしょう。
Appleに頼めば、最も安全で高品質な修理が望めるでしょうが、郵送でもストアへ持ち運びでも8,800円の大金を支払わねばなりません。
※ただし、最近、『iPhone 6以降の端末において、保証切れかつバッテリー交換が必要となった端末の交換費用を3200円にディスカウントします』といった公式案内がされてますので、対象のiPnoneをお持ちの方はAppleに持ち込むのもありかもしれません。
ただ、近所にApple STOREがないとか、すぐに直らないと困るという方もいると思います。
そういう方は当店のようなリペアショップを利用いただくのがよいのかもしれません。
もしくは、ご自分で修理するか。。
リペアショップや自分の手で直した場合、AppleCare+や携帯キャリアが提供する保険の対象外になってしまう!という問題がありますが、
リペア本舗で修理した場合、実はAppleCare+や携帯キャリアが提供する保険よりも断然ユーザーライクな保険に加入することもできるので、そちらに乗り換える。。という方法もあったりします。

保険については、また次回にでもお話ししましょう。

修理のご連絡、お問い合わせは
専用電話番号→043-236-5813
HP→http://repairhonpo.com/shoplist/chibachishirodai/
オンライン予約は→http://repairhonpo.com/yoyakuchiba/

千葉U-DIOラパーク千城台店
所在地
千葉県千葉市若葉区千城台北3-21-1ラパーク千城台3F U-DiO内
営業時間
開館10時〜閉館20時
(バッテリー交換最終受付19時・フロントガラス/液晶修理、他修理18時まで)
※上記時間以外の受付については、お預かりの可能性がございます。
※受付状況により急遽変更の場合がございます。詳しくは店舗までご確認ください。

参考:ギズモードhttps://www.gizmodo.jp/2017/12/iphone-battery-controversy.html

千葉U-DIOラパーク千城台店のページへ