iPhoneのワイヤレス充電は、便利だけど負担がかかる!基本は有線接続です【横浜店】 | 横浜でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iPhone修理 リペア本舗TOP > iPhoneのワイヤレス充電は、便利だけど負担がかかる!基本は有線接続です【横浜店】

iPhone・iPad修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分

iPhone修理コラム

iPhoneのワイヤレス充電は、便利だけど負担がかかる!基本は有線接続です【横浜店】

iPhone8以降のiPhoneは、ワイヤレス充電が利用できます。充電マットの上に置いておくだけで充電できますが、本体への負担が大きいので、多様は禁物。基本は有線接続での充電にしてください。

 

バッテリー交換の修理に来店された方々へは「充電しながら使いはしない、なるべく純正アダプターを使って充電するように」と口を酸っぱくしてお伝えしております。

 

充電しながら使いも、純正アダプター以外での充電も、iPhoneに負担がかかってしまって、バッテリーの消耗劣化を早めてしまうからです。

 

ワイヤレス充電は、純正アダプター以外の充電ですから、負担がかかってしまうのではないか?修理スタッフとして、疑問に思っていたのですが、あるとき、「ワイヤレス充電の方がバッテリーの消耗劣化が早い、という研究結果が出た」という記事を読み、さもありなんと思ったところです。

 

今回、iPhoneXの修理でご来店のお客様。まだ1年ほどしか使っていないそうですが・・・

左側が、お客様の端末から外したバッテリー。右側は、店舗の検品機から外したバッテリーです。

分かりにくいかもしれませんが、左側のバッテリーは、ぷくぷくに膨張しています。

 

落としてしまって画面が割れた、とご来店でしたが、大した高さから落とした訳でもなく、大した割れでもない割りに、画面がはがれている箇所がある事が、気になってはいました。

 

画面を開けてみると、そこにはぷくぷくなバッテリーが・・・。バッテリーの膨張によって、下から押し上げられ、弱まっていた画面が、落とした衝撃(軽いにも関わらず)により破損したと思われます。

 

お話しをよくよく伺いますと、購入から1年ほどですが、有線充電ではなくワイヤレス充電のみで充電していたそうです。

 

有線より負担が強く、バッテリーの消耗劣化が進み、熱が出るようになり、膨張したものと思われます。

 

ワイヤレス充電は、たくさんの端末をお持ちで、ケーブルやコンセントが足りない時は、有効だと思います。

 

しかし、iPhoneの場合はデメリットも多いです。ワイヤレス充電に対応するために、iPhone8以降はアルミフレームからガラスフレームに変更され、強度が落ちている、というデメリットも大きなものです。

 

そして、やはり有線接続と比較して、負担が大きいものだという実例もやって来ました。できるだけ、純正アダプターを使用した、優先接続での充電をお勧めします。

 

結局のところ、シンプルなそれが最も、iPhoneに負担をかけない充電方法なのです。

 

iPhone、iPad、Xperia、Galaxy、Nexusの故障でお困りの時は、お気軽にご相談ください。

WEBなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店 オンライン予約

 



科目別修理メニュー

機種別修理メニュー