iPhoneのリンゴループ2件、初期化にはなりましたが、無事に復旧!【横浜店】 | 横浜でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iPhone修理 リペア本舗TOP > iPhoneのリンゴループ2件、初期化にはなりましたが、無事に復旧!【横浜店】

iPhone・iPad修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分

iPhone修理コラム

iPhoneのリンゴループ2件、初期化にはなりましたが、無事に復旧!【横浜店】

本日のご依頼の中に、リンゴループ復旧が2件ありました。両方とも初期化にはなりましたが、無事に復旧できました!

 

1件目はiPhone7の方。お子さんがアプリを入れたい、でもそのアプリを入れるにはiOSを更新しなければいけない。WIFIで更新していたら、リンゴマークのまま・・・。

 

2件目はiPhone6sの方。新しい機能を使うためにWIFIで更新したらリンゴマークのまま・・・。お持ちになったときは、パスコード画面になりましたが、パスを入力してしばらくするとグルグルマークになり。リンゴマークになり。パスコード画面になっても入力が一切効かなかったり。と不安定です。

 

iTunesを使って更新してみたものの、どちらも状況が変わりません。最終的には初期化の許可も頂いておりましたので、初期化を試してみると、どちらも初期化成功!

 

iPhone7の方は本日、再来店されお渡し。iCloudに1年半前のバックアップが残っていたので、そこまでは戻せました。

 

iPhone6sの方は明日以降にお渡し予定。いまのところグルグルやリンゴに戻るは起こっておらず、タッチもできます。

 

どちらも共通しているのは、WIFIを使ってiOSを更新しようとしたことです。WIFIは電波のため、強弱の波があります。OSの更新というデリケートな作業中に、電波が弱くなってしまうと「攻撃されているの?!」とiPhoneが勘違いをして、身を守るためにリンゴマークのままになる。これが、いわゆるリンゴループの原因の一つです。

 

基本的にはiOSの更新はお勧めしておりませんが、機能的に必要に迫られたら仕方がありません。ただ、WIFIではなく、パソコンに接続してiTunes経由で更新するようにしてください。今回のような事故の確率は、グッと下がります。

 

iPhone、iPad、Xperia、Galaxy、Nexusの不調、故障でお困りの時は、お気軽にご相談ください。

WEBなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店 オンライン予約

 



科目別修理メニュー

機種別修理メニュー