iPhoneの「近接センサー」とはどんな機能なのか?:横浜店 | 横浜でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iPhone修理 リペア本舗TOP > iPhoneの「近接センサー」とはどんな機能なのか?:横浜店

iPhone・iPad修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分

iPhone修理コラム

iPhoneの「近接センサー」とはどんな機能なのか?:横浜店

当店で修理を承る前には、一通りの機能チェックを行います。SIMカードが入っていて、電話としてもお使いの端末の場合は、通話のチェックを行います。

 

その時にチェックする機能の一つとして、近接センサーがあります。でも「近接センサー」とはなんぞや?という方も多いのではないでしょうか。

 

近接センサーは、通話中にiPhoneの画面を真っ暗にして、誤操作しないようにする機能です。

 

iPhoneで通話中の画面には、数字キーを押すボタン、FaceTimeに切り替えるボタンなどが並んでいます。通話中、画面に顔を近付けて、ボタンを押してしまって、変な操作になってしまったら困りますよね。

 

そのために、画面に何かが近づくとセンサーが感知して、その時は画面を真っ暗にして誤操作しないようにする、それが近接センサーです。

 

近接センサーの場所は、画面の上のベゼル部分にあります。細長い楕円形のスリット(通話中に相手の声が聞こえるスピーカー)の、横にあるのはフロントカメラの穴です。

 

スリットの上にある穴、黒い液晶画面では目立ちませんが、白い液晶画面でははっきり穴があると分かります。そこに近接センサーがあります。

 

通話中に、そのセンサーに物体が近づいたら、画面を真っ暗にして誤操作を防ぐのです。

 

「通話中に勝手にFaceTimeに切り替わったり、勝手に数字キーが押されたりして・・・このiPhone、ハッキングされているんでしょうか・・・?」

 

そのような問合せが以前にありましたが、近接センサーの故障かな?と思い確認してみると、ビンゴでした。

 

近接センサーは、フロントカメラの部品に付属しています。近接センサーが不良という場合は、フロントカメラの交換修理で無事に直ると思います。

 

通話中の誤操作でお困りのときは、お気軽にご相談ください。

WEBなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店 オンライン予約

 



修理メニュー