iPhoneにヘリウムガスが入り込むと動作不能になる・・・:横浜店 | 横浜でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iphone修理 リペア本舗TOP > iPhoneにヘリウムガスが入り込むと動作不能になる・・・:横浜店

iPhone・iPad修理 即日返却 / 横浜駅西口徒歩5分

iPhone修理コラム

iPhoneにヘリウムガスが入り込むと動作不能になる・・・:横浜店

風船などに使われるヘリウムガスを、iPhoneやApple Watchに浴びせると、動作不能になるという現象が多発しており、Appleも注意を促しています。

 

病院にあるMRIは、強力な電磁波を使って人体内部を撮影できますが、使用中のMRIは超強力な電磁石になるため、金属類の持込は禁止されています。

iPhoneを置いておいたらどうなるのだろうか、と頭痛で朦朧としている中でMRI撮影してもらった時に、ぼんやりと考えていたものです。

 

そんなMRIですから、アメリカの病院でMRI設置作業中にiPhoneが動作しなくなったとしたら、電磁波の影響を考えます。

iPhoneが40台ほど、ほとんどは電源が入らず、充電しても反応せず、という文鎮になっていたようです。

 

しかしAndroid端末は動いていたので、原因は電磁波ではない?

 

エンジニアが調査していたところ、MRI内部に封入されていた液体ヘリウムのうち、8分の1ほどが漏れ出していたそうです。液体ヘリウムは常温ではすぐに気化するため、見た目では全く分かりません。

 

また、電子機器を動かすためには、一定の周期で振動する「発振器」が必ず必要になります。電子機器の心臓のようなもので、発振器がないとCPUも動作しません。

 

iPhoneやApple Watchに使われている発振器に、ヘリウムガスが入り込んで、動作に影響が出てしまった、というのが今回の病院での大量故障の原因のようです。

 

実は、iPhoneのユーザーマニュアルにもヘリウムガスのことは書かれていて、動作しなくなった場合の対処としては、

「電源に接続せず1週間放置・完全放電させてから、電源に接続して1時間充電すると正常に動作しする」

との事です。

 

また、分解動画で有名なiFixitの実験によりますと、

「iPhone8を入れた袋にヘリウムガスを注入したところ、4分半で動作が停止し、一切の操作を受け付けなくなったが、24時間ほどで正常な動作に戻った」

そうです。

 

ヘリウムガスが多い環境には、iPhoneを持ち込まないようにご注意ください。

 

iPhone、iPad、Xperia、Galaxy、Nexusの、ヘリウムガスが関係しない故障でお困りのときは、お気軽にご相談ください。

WEBなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店 オンライン予約

 



修理メニュー