iPhoneが壊れた?!その時にチェックしてみる項目とは?【横浜店】 | 横浜でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iPhone修理 リペア本舗TOP > iPhoneが壊れた?!その時にチェックしてみる項目とは?【横浜店】

iPhone・iPad修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分

iPhone修理コラム

iPhoneが壊れた?!その時にチェックしてみる項目とは?【横浜店】

iPhoneが急に動かなくなってしまった!

 

身近で使っているものだけに、急に故障してしまうと焦りますよね。急いで修理店に持っていく!前に、できることがあるかもしれませんよ。

 

急に画面が光らなくなったとき、考えられる主な原因は、画面の故障、バッテリーの消耗、そして本体的な不具合、といったあたりです。

 

まず、やってみることは、いつものお約束、強制再起動です。

 

iPhone6s以前の機種なら、電源ボタン&ホームボタンを同時に長押し。iPhone7なら、電源ボタン&音量下ボタンを同時に長押し。

iPhone8以降の機種なら、音量上ボタンを1回、音量下ボタンを1回押し、電源ボタンを長押し。

 

これでリンゴマークが光ってくれれば、それは深刻な故障ではなく、一時的なエラーで画面が映らなかっただけだと思います。

 

これでも光らないときは、充電ケーブルに接続してみましょう。充電中マークが光れば、バッテリーの消耗である可能性が高いです。バッテリー交換修理で直ると思います。

また、バッテリーの消耗が進んでいると、充電ケーブルを接続してもすぐに反応しない場合もあります。しばらく接続しておきましょう。

 

また、iPhone7かiPhone8なら、ホームボタンを押してみてください。感圧式ホームボタンですので、電源が入っているときは押した感触があり、電源が入っていなければ感触はありません。

 

押した感触があっても画面が光っていない、のであれば、画面の部品が故障している可能性が高いです。その場合は、液晶画面の交換修理で直ると思います。

 

SIMカードが入っている機種ならば、電話をかけてみるのもいいでしょう。画面が光っていなくても、着信音がなったりバイブしたりすれば、本体は動作しています。こちらも、液晶画面の故障で、交換修理で直る可能性が高いです。

 

壊れた・・・と思ってしまった場合でも、9割くらいの確率で、部品の交換修理で直ります。それが画面の部品なのか、バッテリーなのか、あるいは充電コネクタや他の部品なのか、充電ケーブルなのか。判断材料はありますが、見ただけでは分かりにくいです。

 

再起動しても、充電ケーブルを接続していても、何も反応がなければ、修理店にお持ちください。

故障の箇所がどこなのか、確認して修理いたします。

 

ただ、何をしても起動してくれない、本体的な故障と思われるケースが増えています。その時に困るのが、データが取り出せなくなることです。日頃から、バックアップは小まめに取っておいてください。

 

また、どうしてもデータだけでも抜き出せるか試したい!という場合には、データ復旧の受付もしております。

iPhone本体の故障で、データについてお困りの時は、ご相談ください。

WEBなら24時間予約受付中です→リペア本舗横浜店 オンライン予約

 



科目別修理メニュー

機種別修理メニュー