iOS13.4、3月25日に配信予定。でもアップデートは慎重に【横浜店】 | 横浜でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iPhone修理 リペア本舗TOP > iOS13.4、3月25日に配信予定。でもアップデートは慎重に【横浜店】

iPhone・iPad修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分

iPhone修理コラム

iOS13.4、3月25日に配信予定。でもアップデートは慎重に【横浜店】

iPhoneやiPadの基本ソフト、iOS/iPadOS。その最新版である13.4が、3月25日に配信予定です。

 

大きな変更点は主にiPadOSのほうにあり、iPadでマウスやトラックパッドが使えるようになるとのこと。

 

しかし、当コラムでは毎度のことですが、基本的にアップデートはお勧めしておりません。

 

アップデートのメリットは、機能が増えたりセキュリティが上がったりすることです。その新機能をぜひ使いたい、セキュリティが不安、という方は更新してもよいでしょう。

 

アップデートのデメリットは、機能が増える分、本体の処理が遅くなる、バッテリーの消耗が早まる、という傾向があることです。

 

iOS13.4の最終テスト版と、現在の最新版であるiOS13.3.1で、複数の機種のiPhone端末を使って動作を比較したYouTuberさんがおりました。その結果によると、全体的に動作は早まり、バッテリーの消耗も早くなった、とのこと。

 

しかし、あくまでも最終テスト版であり、実験用のiPhone端末です。実際にアップデートしたらどうなるのか、やってみないと分かりません。

 

基本的にはお勧めしませんが、それでもアップデートしたい、というユーザーさんは、パソコンのiTunesに接続してアップデートをお勧めします。

 

Wi-Fi接続でもアップデートは可能ですが、Wi-Fiは電波のため、強弱の波があります。アップデートというデリケートな作業中に、電波が弱くなってしまったら。iPhoneやiPadは、

「攻撃を受けているの?!」

と勘違いしてしまう可能性があります。そうすると、iPhoneやiPadは身を守るために、リンゴマークから先に進まなくなったりります。いわゆる「リンゴループ」や「アップルループ」と呼ばれる現象です。

 

実際に、iOS13.3.1が配信された翌日、「朝になったらiPadがリンゴマークから進みません・・・」というご依頼がありました。初期化したら使える状態に復旧しました。

 

アップデートをしたくなくても、勝手にアップデートされてしまう可能性もあります。iOS12以降に導入されている「自動アップデート」の機能です。

 

・設定→一般→ソフトウェアアップデート

 

そのページ内の「自動アップデート」の項目がオンになっていたら、勝手にアップデートされる可能性があります。しかもその場合は、Wi-Fiを使ってアップデートしますので、事故が起こる可能性もあります。iPadがリンゴループになってしまったお客様は、おそらくこの機能が原因です。

 

勝手にアップデートされたくない場合は、自動アップデートの設定をオフにしておきましょう。そして、アップデートしたい場合は、パソコンのiTunesを使ってアップデートしましょう。

 

でも、アップデートは必須ではありません。スタッフiMのiPhone6sは、iOS11で止めていますが、何も困っておりません。基本的には、アップデートはしないことをお勧めしております。

 

iPhone、iPad、Xperia、Galaxy、Nexusの故障、不調でお困りの時は、お気軽にご相談ください。

アップデートしたいけれど自宅にパソコンが無い、リンゴループに陥ってしまった・・・、というときの対処も承っております。

WEBなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店オンライン予約

 



科目別修理メニュー

機種別修理メニュー