iOS12.1.4が公開されました。でもバージョンアップは慎重に:横浜店 | 横浜でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iPhone修理 リペア本舗TOP > iOS12.1.4が公開されました。でもバージョンアップは慎重に:横浜店

iPhone・iPad修理 即日返却
横浜駅西口徒歩4分

iPhone修理コラム

iOS12.1.4が公開されました。でもバージョンアップは慎重に:横浜店

iPhoneやiPadの基本ソフト、iOS。その最新版であるiOS12.1.4が配信開始されました。しかし、不急のバージョンアップは不要、という点は今までと変わりありません。

 

「重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨」とありますが、今回のバージョンアップは、FaceTimeのグループ通話機能のバグの修正が、主な内容です。

 

iOS12.1から導入されたFaceTimeのグループ通話機能。最大32人で会話できる、テレビ会議のような使い方もできます!が売りでした。

 

しかし、受信側が応答しなくても、音声や画像が勝手に相手に届いてしまうというバグが、14歳の少年によって発見されたため、グループ通話機能が制限されていました。

 

今回のバージョンアップによってグループ通話機能のバグが改善され、無事に使えるようになりましたので、皆さんバージョンアップしてくださいね!というのがAppleさんの想いなのでしょう。

 

でも、FaceTimeのグループ通話機能を使わない人は、バージョンアップの必要なくね?

 

そうなんです。

 

そもそも、iOSのバージョンアップは、必須ではありません。

更新する事で機能が増えますが、その分本体の処理が増え、最新機種ならともかく以前の機種ならば動作が重くなり、バッテリーの消耗・劣化は早くなる、という傾向があります。

 

修理店的には、iOSのバージョンアップは非推奨です。

 

ではバージョンアップするべきタイミングとは、いつなのでしょうか?

 

1.新しい機能が欲しい時

→機能が増える分、処理が重くなりバッテリーの消耗は早まる傾向があります。

2.使っているアプリに更新しろと言われた時

→アプリによってはバージョンアップで使えなくなる、不具合が出る可能性もあります。

3.セキュリティが気になる時

→アップル純正以外のアクセサリ(ケーブル、イヤホン等)が使用できなくなる可能性があります。

4.すでに不具合が起こっていて改善したい時

→絶対に改善できるとは限りません。

 

バージョンアップのタイミングとしては、上に上げた4つの理由のうち、当てはまるものがあれば、バージョンアップしても良いと思います。

 

ただし、それぞれメリットとデメリットがあります。

よくお考えいただいた上で、メリットを受け取りたい、と思ったときだけ、バージョンアップをしても良いと思います。

 

iOS更新についてのご相談等、修理以外のご相談も承ります。

WEBなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店 オンライン予約

 



修理メニュー