リペア本舗店舗を探す

リペア本舗 | ガラス割れ・バッテリー交換・水没修理、iPhone全機種修理

iPhone修理専門店リペア本舗

Phone修理専門店リペア本舗 iPhone全機種を、最短10分〜即日スピード修理致します

iPhine修理コラム

2017年8月13日
海のレジャーは、iPhoneの水没にご用心!

・塩分は厳しいです・・・

 

前日に、iPhoneSEを海に落としてしまいました・・・という事で、ご両親と小さな女の子の親子連れでご来店。

SIMカードを抜いて、乾燥剤と一緒にジップロックの中へ入れてお持ち頂きました。

この子の写真とか沢山入っているでしょうし、水没復旧、やってみましょう!

 

まずは画面を外して開けてみます。

・・・・・・・・わお。

Σ(° O ° ; )y

 

白いのは塩?そして赤茶色い錆。さらにバッテリーが・・・

水ぶくれのように膨張しちゃってます・・・。

バッテリーはNGですね。

 

分解しました。

中央右にある基板を、洗浄液でクリーニング。磨いて不純物を飛ばし、よく乾燥させます。

 

他の部品も、水分と表面の汚れを拭い、乾燥させてから確認します。

検査用機械に取り付けた画面は点灯しましたが、線が出てしまいタッチが効きません・・・。

これでバッテリーと画面がNGです。

 

でも、基板さえ動いてしまえば、画面やバッテリーなんぞ、いくらでも交換できますぜ!乾燥させた基板に、検査用のバッテリーと画面を接続して、電源オーンッ!

・・・起動しませんでした・・・orz

 

SIMを抜いて、乾燥剤と一緒にジップロック、は良いご判断でしたが、ご来店頂いたのは落としてから丁度まる1日経った頃という事で。

もっと早いタイミングでお持ち頂ければ、結果は変わっていた、かもしれません・・・。

 

また、水道水や川の水に比べると、海水は塩やミネラルなどの不純物が多く含まれています。その分、精密機械に与えるダメージは真水に比べると高くなってしまいます。

 

以前は、酔っ払ってお酒のグラスに沈めました・・・というベッタベタのアイフォンを持って来た方もおりました・・・。もちろん復旧不可です。

 

結論としては、アイフォンを水没させるなら真水にしてください!

 

・・・間違えました!

アイフォンを水没させないように、水辺には近付けないでください!

修理コラム一覧へ戻る