水没後、半年放置されていたiPhone6Plus、復旧ならず・・・:横浜店 | 横浜でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iphone修理 リペア本舗TOP > 水没後、半年放置されていたiPhone6Plus、復旧ならず・・・:横浜店

iPhone・iPad修理 即日返却 / 横浜駅西口徒歩5分

iPhone修理コラム

水没後、半年放置されていたiPhone6Plus、復旧ならず・・・:横浜店

本日のご依頼は、昨年のクリスマスイブに、トイレで水没してしまったというiPhone6Plusの復旧です。

 

ああ、落としてしまった!でも予備機だからまだいいか。ということで電源をつけたりせずに、そのまま半年ほど放置しておいたそうです。

最近ふと思い出し、本体が使えるようになったら、と復旧修理のご依頼を頂きました。

それでは、水没復旧修理、試してみましょう!

 

まずは液晶画面を取り外してみましょう。

 

内部は、一部が白くなったりしていて、本体上部では赤いシールが目立っています。このシール、本来は真っ白いシールなのですが、水分と反応すると真っ赤に染まるという、理科の実験で出てきそうなシールです。真っ赤に染まっていますので、水没してしまったことは間違いありません。

 

次に、本体から基板を取り外してクリーニングします。

基板さえ動いてしまえば、画面やバッテリーなどのパーツが壊れていたとしても、交換すれば直せます。不純物を取り除く洗浄スプレーを使い、よく乾燥させます。

 

乾燥を待つ間に、他のパーツたちをチェックしてみましょう。

 

液晶画面をクリーニングののち、検品機に取り付けてみると、画面が光ってタッチもOKです!水没特有の、変に光りが強い箇所が出来てしまっていますが、画面は使えます。

 

続いてバッテリーを検品機に取り付けて、充電ケーブルを挿し込んでみましょう。充電マークからの、リンゴマークからの、ホーム画面に到達!劣化はしていますが、バッテリーも使えます。

 

あとは基板さえ蘇ればOK!よく乾燥させたあとの基板を、再び本体に組み込みます。そして緊張の一瞬、電源を入れてみます・・・!

 

・・・起動しませんでした・・・。

 

充電ケーブルの挿し込み口、ドックコネクタ(ライトニングコネクタ)が不良しているのかもしれません。交換用のコネクタパーツを仮付けしてみて、改めて充電ケーブルを挿し込んでみましょう・・・!

 

・・・起動しませんでした・・・

 

残念ながら、今回のiPhone6Plusは復旧できませんでした。

水没後に一番やってはいけない事、試しに電源を入れる。こちらはやっていなかった様子ですので、復旧できればと期待していたのですが・・・。

 

原因として考えられるのは、時間が経過し過ぎていた事です。本体の一部にはサビと、白いものはカビでしょうか。本来は無いはずのモノに侵食されて、iPhoneは耐えられなかったようでした。

 

水没からの復旧は、時間経過とともに成功率が下がります。

万が一、水没してしまって、どうしても復旧したいのなら、濡れたままでも構いません。なるべく早く、修理店までお持ちください。

 

また、本体よりもデータを復旧させたい!という場合は、データ復旧サービスにて承ります。1週間~2週間ほどお時間を頂き、データを抜き出すことが出来るか、チャレンジできますので、詳しくはスタッフまでお問合せください。

 

iPhone、iPad、Xperia、Galaxy、Nexusの故障でお困りのときは、お気軽にお問合せください。

WEBなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店オンライン予約

 

 

 



修理メニュー