リペア本舗店舗を探す

再起動 vs. 強制再起動:横浜店 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

iPhone修理専門店リペア本舗

再起動 vs. 強制再起動:横浜店 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

横浜店 iPhone修理コラム

2018年3月11日
再起動 vs. 強制再起動:横浜店

再起動 vs. 強制再起動

IPHONEを使っていて、再起動や強制再起動(強制リセット)と言う話しをよく聞くと思いますが、本日はこの2つの起動方法について見ていきましょう。
再起動や強制再起動は似ている動作のような気がします。
確かに似ていますが、再起動の過程が違います。

再起動する理由としては、通常アイフォンは動いているものの、どうもモバイル回線に繋がりにくい、アプリの動作が遅いなど、色々考えられます。

この場合、アイフォンの再起動をかけると問題が一気に解決する可能性があります。

そもそも、iphoneを使っている環境は同じなのに、回線が繋がらなくなったり、APPの動作が遅くなってしまうのか?

2月の当ブログでも一度御紹介していますが、復習の意味を込めて再度要点を確認し手行きましょう。
問題が発生する理由として考えられる、理由は以下の通りです。

1.同時に多数のプログラムが稼動しています。 その場合、何らかの理由でそのうちの一部のプログラムがうまく動かなくなってしまい、そのプログラムが、他のプログラムのに影響を及ぼし、動作が遅くなっている。

2.一部のプログラムが使っていたアイフォンのアプリが終了しているのに、使っていることになっている。各プログラムで同じような問題が起こった場合、使っていないのに使っていることになっているプログラムがメモリを占有し、新しいプログラムが立ち上がった場合、本来使えるメモリが使えないため処理に時間がかかり、IPHONEのシステム、及びアプリの処理が遅くなることが考えられます。

上記の場合、iPhoneの再起動をすればかなりの確率で以前のように稼動します。
再稼動の方法としては、”スライドで電源オフ”後また電源を入れることにより完了します。

iPhoneを落とした事も無いのに、いきなりある日朝起きたら、なぜか画面が真っ暗、電話が出来るのにスクリーンの調子がおかしいなどの場合に再起動すると正常に戻るかもしれません。

お試しください。
では、iPhoneで強制再起動(強制リセット)の場合とは?

ボタンを押しても、スクリーン タッチをしてもどうしてもアイフォンが操作できなくなった場合に強制再起動(強制リセット)必要になります。

障害の原因は、やはり再起動が必要な場合とほぼ同じと考えられます。

では、強制再起動(強制リセット)とはどのような感じになるのか?

パソコンで言えば、使っている途中でいきなり電源を落とした感じになります。

通常の再起動で在れば、システムが必要最低限のなんらかのバックアップの手順を取っていたり、電源を落とす順序に従い電源を落とし再稼動していると思いますが、強制再起動(強制リセット)の場合には、いきなり電源を落とす形になりますので、iPhone本体の負担も大きくなります。

アイフォンにとって理想なのは、上記で説明をしたメモリ問題などを避けるために、強制再起動(強制リセット)よりも、再起動を時々してみることをお勧め致します。

長期間再起動をしていないと、スクリーンタッチがおかしくなったり、突然画面が真っ暗になるなどの現象が発生する可能性もあります。
iphoneの障害の御相談のご予約は -> リペア本舗横浜店オンライン予約

 

横浜店のページへ