リペア本舗店舗を探す

リペア本舗 | ガラス割れ・バッテリー交換・水没修理、iPhone全機種修理

iPhone修理専門店リペア本舗

Phone修理専門店リペア本舗 iPhone全機種を、最短10分〜即日スピード修理致します

横浜店 iPhine修理コラム

2018年2月12日
スマートフォンの充電ケーブル差込口を掃除する方法

・充電不良を防ぐためには

 

iPhoneやXperiaを使っていて、充電がしにくくなったと感じたことはありませんか?それは充電ケーブル差込口にホコリが詰まっていることが原因かもしれません。

 

アイフォンやエクスペリアの修理をご依頼いただく際には、事前に一通りの機能チェックを行います。その中に、充電ケーブルを挿し込んでケーブルを認識するか確認する、という項目があります。

その時、ケーブルを挿し込もうとしても根っこまで刺さらないことがあるのですが、それはコネクタ内部にホコリが溜まっているからです。

 

ケーブルを抜き差し、頻繁に行いますので、どうしてもホコリが溜まりやすい。それが挿し込む挿し込むで奥へ奥へと押し込まれ、層のように詰まってしまう。それでケーブルが根っこまで刺さらなくなるのです。

 

自分で掃除をしようとすると、コネクタの内部を痛めてしまうかもしれませんので、お勧めしませんが、どうしてもやりたい場合はこんな風にどうぞ。自己責任で。

 

・細いタイプの綿棒をペンチで潰して、さらに平べったくする

 

この平べったくした綿棒で、優しくホコリを掻き出してください。

また、パソコンのキーボート掃除に使うようなエアスプレーで内部のホコリを吹き飛ばす、充電ケーブルの挿し込み側を眼鏡拭きのような柔らかい布でキレイにする、といった方法も有効です。

 

自分でクリーニングするのは怖い・・・という時は、お気軽にご相談ください。ちょちょいとクリーニングしますよ!

webなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店オンライン予約

横浜店のページへ