スマホのバッテリーが膨らむ(膨張)原因と対策!! | 横浜でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iphone修理 リペア本舗TOP > スマホのバッテリーが膨らむ(膨張)原因と対策!!

iPhone・iPad修理 即日返却 / 横浜駅西口徒歩5分

iPhone修理コラム

スマホのバッテリーが膨らむ(膨張)原因と対策!!

皆さんこんにちは!!

リペア本舗長野店の住人です^^

本日はバッテリーについて語りたいと思います!!
店舗開店してから1ヶ月程度たちましたが、最近膨らんだバッテリーを
実際に初めて見ました。

アイフォン6のバッテリーが見事に膨らんでまして、
お一人は、フロントパネルが浮き上がっており、
もうお一人も、フロントパネルが浮き上がっており、
液晶にも影響が出ていました。

大手キャリアさんなどはこのバッテリーが膨らむことについて、
だいたいスマホに使用されている
Li-ion 電池(リチウムーイオン 電池)の特性ですので、
使用上の問題はありません!!的な答えがほとんどでした。

言葉が隠されているようにしか見えません><;

私の解釈です
リチウムイオン電池の特性(正しい)ですので、
(バッテリー自体の)使用上(充電と放電)の問題はありません
(膨らんだバッテリーが液晶などに与える影響はわかりません)。

そもそもお持ちのスマートフォンはバッテリーが膨らむスペースをほぼ確保できていないです。
通常のバッテリーならば、変なところに当たる心配はないのですが、
膨らんだバッテリーは、変なところに当たるかもしれません。
また、外からの衝撃をより受けやすくなります。

膨らんだバッテリーをそのまま使って、落として事故が起きても
落とした本人が悪いので、こちらには関係ありませんというつもりなのでしょうか?

どうなるかはわかりませんが、膨らんだバッテリーはとっとと交換しちゃうのが
ベストです。
最悪、本体交換に発展する可能性がありますのでご用心!!

では、
なんでバッテリーが膨らむの?
原因はガスです!!

充電可能、高電圧、自己放電がすくない、電池容量が減りにくいなど、様々なメリットが
あるリチウム電池(LIB,LiB,リチウムイオン電池)ですが、
金属のみでできいるのではありません。

様々な物質から成り立っています。
その中に、電気を通しやすくするために有機溶剤系が使用されています。
この有機溶剤が充電放電による熱、外気温など様々な原因が考えられますが、
この有機溶剤が、分解されて、水素や二酸化炭素となって、バッテリーを
膨らませています。

参考URL
東レリサーチセンター リチウムイオン電池 内部ガスの組成分析

http://cs2.toray.co.jp/news/trc/news_rd01.nsf/0/17CA644B5F490A6349257D5F0024F47F

膨らんだバッテリーのガスのほとんどは
水素:58%
二酸化炭素:29%
だよってことです。
他にも様々な有機物が含まれているみたいですね。
有機物は基本燃えます。

水素はエネルギーとして現在重要な物資になっていますが、
その取扱いはかなり慎重にならざるを得ません。

ですので、膨らんだバッテリーを穴あけてガス抜きしよ!!
的なことはやめてください。

燃えてアフロではなく病院行きの可能性の方が高いです!

これからの季節、とても暑くなり、身体にもバッテリーにも
つらい時期ですので、酷使しすぎないようにご自愛ください。

iPhone,Xperia修理の
リペア本舗長野店
24時間受付中、オンライン予約(300円引)はこちら



修理メニュー