リペア本舗店舗を探す

iOS12ではマップアプリが進化、エレベーターや駅出入り口が表示される見込み:横浜店 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

iPhone修理専門店リペア本舗

横浜店 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

横浜店 iPhone修理コラム

2018年7月9日
iOS12ではマップアプリが進化、エレベーターや駅出入り口が表示される見込み:横浜店

 

・Googleマップではすでに導入されています

 

2018年秋に配信予定のiOS12では、標準の「マップ」アプリが大きく進化する見込みです。

 

ベータテスト版のiOS12のマップアプリは、駅付近を表示して拡大すると、駅の出入り口番号、エレベーターやエスカレーターの位置が表示されるようになっています。

 

大きな荷物を持っているときに、エレベーターやエスカレーターを現地で探さなくても、iPhoneやiPadのアプリから確認できるようになります。

 

実はGoogleマップでは、すでに取り入れられている機能です。標準のマップアプリは、Googleマップに比べると、機能が少ないと言われていましたが、少しずつ進化して追いつこうとしています。

 

Googleマップは、Googleが撮影用の自動車を縦横無尽に走らせて、正確さやストリートビューなどの機能に役立てています。

 

アップルも、今回のiOS12版のマップアプリからは、撮影用の自動車により収集したデータを活用するため、Googleマップに近い機能に進化する見込みです。

 

ベータ版で、この進歩が確認できるのは、アメリカのカリフォルニア州の一部地域のみ。

東京都などではアップルの撮影車がデータの収集を始めていると発表していますので、今後はアメリカや日本だけではなく、世界中の地域にこの機能が追加されていくことでしょう。

 

iPhone、iPad、Xperiaの故障でお困りのときは、お気軽にご相談ください。

Webなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店オンライン予約

横浜店のページへ