リペア本舗店舗を探す

iOS12では「バッテリーの状態」がグラフ表示されます:横浜店 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

iPhone修理専門店リペア本舗

横浜店 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

横浜店 iPhone修理コラム

2018年6月8日
iOS12では「バッテリーの状態」がグラフ表示されます:横浜店

・ただし、まだ「ベータ版」のまま

 

昨今のバッテリー劣化で処理能力が下がる問題を受けてアップルが導入した「バッテリーの状態」機能。iOS11.3からベータ版が導入されていますが、秋に登場予定のiOS12では、棒グラフや折れ線グラフが追加されます。

ただし、ベータ版のままです。いつベータ版ではなくなるのだろう?

 

設定→バッテリー、と進むと表示される項目に、iOS12から2つのグラフが追加されます。

一つは、バッテリーの%を表す折れ線グラフ。バッテリーを充電したり、急激に消費されたりする、その過程が一目でわかるようになります。

もう一つは、画面が点灯しているかスリープ状態かを表す棒グラフ。ユーザーがどれくらいの時間、iPhoneを使用していたかが分かります。

 

ほとんど画面が点灯していないスリープ状態だったにも関わらず、バッテリーが大きく減少しているとしたら、それはバッテリーの劣化による交換時期が近づいている!という事が目で見てよく分かるようになります。

 

しかし、iOSをバージョンアップすると、様々な機能が追加されるため、処理が重くなりバッテリーの減りが早くなる、というのがこれまでの定番です。

今回発表されたiOS12は、その辺りはどうなんでしょうか?iPhone6sでも減りが早くなったりしないのであれば、2年ぶりに更新を考えてもよいかと思っています。

 

基本的には更新はお勧めしませんが、新しく追加される機能がどうしても欲しい、アプリが対応しなくなる、などの理由があれば、更新しても構わないと思います。

 

iPhone、iPad、Xperiaの故障でお困りの時は、お気軽にご相談ください。

WEBなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店オンライン予約

 

横浜店のページへ