リペア本舗店舗を探す

アメリカの警察は、iPhoneのパスコードを解除できる?:横浜店 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

iPhone修理専門店リペア本舗

横浜店 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

横浜店 iPhone修理コラム

2018年4月13日
アメリカの警察は、iPhoneのパスコードを解除できる?:横浜店

・約5,000円で解除できる?

 

iPhoneのパスコードを忘れてしまったら初期化しないと使えなくなりますが、アメリカの警察に持ち込んだら何とかしてくれる、かもしれません。

 

以前はFBIが、犯罪者のiPhoneのパスコードロック解除をAppleに要請しましたが、Appleは個人情報保護の観点から拒否。結局FBIは、中東のハッカー集団に依頼してiPhoneのロックを解除してもらった、その費用は1億円、などと噂されています。

 

FBIはAppleに、犯罪捜査などに活用するためにロック解除できる裏コードを設置するように求めていますが、Appleはこれに応じていません。それもあって、アメリカの警察ではロック解除マシンを導入したようです。

 

このロック解除マシン、300回の解除で約160万円の回数型契約と、320万円で回数制限なくロック解除可能なフリー契約があるとのこと。

4桁のパスコードならば最短2時間で解除できますが、6桁のパスコード解除には3日以上かかるそうです。

 

パスコードを忘れてしまった時は、アメリカの警察に持って行くと、何とかしてくれるかもしれませんよ?

恐らくは捜査用なので一般には受け付けていないと思いますが。

 

パスコードエラーは直せませんが、iPhone、iPad、Xperiの故障でお困りの時は、お気軽にお問い合わせください。

WEBなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店オンライン予約

 

 

横浜店のページへ