iPhoneが不調で困った時には強制再起動!:横浜店 | iPhone修理・ガラス交換・バッテリー交換ならリペア本舗
リペア本舗店舗を探す

iPhoneが不調で困った時には強制再起動!:横浜店 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

iPhone修理専門店リペア本舗

横浜店 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

横浜店 iPhone修理コラム

2018年3月12日
iPhoneが不調で困った時には強制再起動!:横浜店

・強制リセットとも言います

 

本日のご依頼は、iPhone7Plusのタッチが効かなくなった、とお電話頂きご来店。

おじいちゃんとお孫さんで、今回は高校生のお孫さんのiphoneです。

 

パスコード画面や緊急連絡画面では普通にタッチができるのですが、ホーム画面が開くとタッチパネル操作を受け付けない。通知を下ろしたりコントロールセンターを上げたりはできる。電源を切ろうにも、電源長押しでも「スライドして電源を切る」が出ない。

 

なるほど、なんともカオスな状況ですね・・・。インスタのアプリの色が灰色がかっていて薄いのが気になりますが、とりあえず強制再起動します。

強制再起動方法は、アイフォンの機種によって異なります。

 

・iPhone6s以前の機種:電源ボタンとホームボタンを10秒くらい同時長押し。

・iPhone7/7Plus:電源ボタンと音量下ボタンを10秒くらい同時長押し。

・iPhone8/8Plus/X:音量上ボタンを1回押し、音量下ボタンを1回押し、電源ボタンを押し続ける。

 

各機種とも、リンゴマークが出てきたらボタンを離しましょう。

 

パスコードを解除してホーム画面が開いたら・・・タッチパネル操作OK!直りました!インスタのアプリの色も通常の濃さに戻りました!

 

この症状の原因と考えられるのは、長時間電源を切っていないことです。

iphoneは、ユーザーが自分で電源を切るかバッテリーが空っぽになるか、それ以外に電源が切れることはほぼありません。電源を切らないと操作のホコリ的なものがどんどん溜まってしまい、ある日何らかの症状、タッチできない、映らない、電話が聞こえない、などが発症します。

 

今回のアイフォンでは、操作のホコリ的なものの影響で、インスタのアプリを開いたときにアイフォン内部での処理が限界を超えて、ホーム画面になるとフリーズのような現象になってしまったと推測されます。

 

パソコンのように毎日電源を切れ、とは言いませんが、1週間に1回くらいは、iPhoneの電源を切る習慣を身に着けられると良いと思います。

ただし、強制再起動はアイフォン本体に負担がかかりますので、どうしようもない時だけ試してください。

通常の電源を切るのは「スライドして電源を切る」です!

 

iPhone、iPad、Xperiaでお困りの際にはお気軽にご相談ください。

webなら24時間予約受付中!→リペア本舗横浜店オンライン予約

 

 

 

横浜店のページへ