スマホの電子マネー対応「iPhoneとAndroidスマホで違いはある?」 | iPhone修理・ガラス交換・バッテリー交換ならリペア本舗
リペア本舗店舗を探す

スマホの電子マネー対応「iPhoneとAndroidスマホで違いはある?」 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

iPhone修理専門店リペア本舗

西八王子 | iPhone修理・ガラス交換ならリペア本舗

西八王子店 iPhone修理コラム

2017年8月31日
スマホの電子マネー対応「iPhoneとAndroidスマホで違いはある?」

スマホでの電子マネーはAndroidが先行しましたが、AppleもiPhone7から対応しています。
両者の違いは何でしょうか、興味がありますね?
 
 Q1 iPhoneとAndroidスマホで違いはあるの?
iPhoneで用いる「Apple Pay」は、クレジットカードを登録すると、そのカードが電子マネーに連携し、決済に、電子マネーではSuicaを利用できる。
Androidスマホは多くの機種が、スマホ以前の携帯電話と同じ「おサイフケータイ」に対応しているが、おサイフケータイは、利用する電子マネーのアプリをそれぞれ導入する仕組みだ。
 
Q2 スマホを落としたとき、勝手に使われそうで怖い
iPhoneならさらに安全。QUICPayやiDでの決済は認証が必要なため、見ず知らずの人が利用するのは不可能。Suicaの場合はタッチのみだが、こちらもアップルのクラウドサービス「iCloud」経由で登録したカード情報を削除できる。
Androidスマホの場合は、契約している携帯電話会社でおサイフケータイ機能を停止できるほか、電子マネーサービスに連絡して利用停止の処置の申請も可能だ。
 
Q3 バッテリー切れやオフラインでも支払い可能?
iPhoneでは、バッテリーがなくなってしまうと利用できなくなる。本体の電源をオフにしておくのもNGだ。
Androidスマホは、本体の電源をオフにしていても利用OK。
 
Q4 機種変更した場合、残高はどうなる?
iPhoneは、iCloud上にSuicaのカード情報が保管されるため、Walletアプリから以前のSuicaを復元する。ただしiPhoneからAndroid スマホに機種変更した場合、残高は引き継げない。
Android スマホはモバイルSuica 上で機種変更手続きを実行。新しい端末から自分のSuicaのIDでサインインすると、残額を受け取れる。
 
★ iPhoneの修理、修理のご相談は → リペア本舗 西八王子店へ
★ 24時間 Web予約 → こちらから

 

西八王子店のページへ